Your browser version is outdated. We recommend that you update your browser to the latest version.


Events

July 31, 2022

 Yume Digital Dream at Powell Street Festival

 

July 30, 2022 at 5:15pm

Onibana Taiko at Powell Street Festival

 

Noriko K. Kobayashi (NoriNori) acknowledges that the land on which she gathers and thrives upon is the unceded and traditional territories of the Coast Salish Peoples including the xʷməθkʷəy̓əm (Musqueam), Sḵwx̱wú7mesh (Squamish), and Sel̓íl̓witulh (Tsleil-Waututh), Kwantlen, Katzie, SEMYOME (Semiahmoo) peoples or Nations

Noriko Kobayashi (she/her) was born and raised in Montreal, Quebec attending Trebas Institute of RecordingArts and studying bass guitar with Gemini award-winning composer Neil Smolar. Kobayashi moved to London, England for a full five-year immersion into various punk rock bands.  Kobayashi then travelled to San Francisco and co-founded riot grrrl punk rock band Tribe 8 (as bassist and composer), spearheading the genre of queercore. Kobayashi co-managed Tribe 8 and coordinated tours of the Northwest, America, and England. Kobayashi left Tribe 8 to move to Vancouver, Canada to earn her B.A. in music and psychology, and M.A. in ethnomusicology at UBC. In Vancouver, she was introduced to taiko drumming and joined Sawagi Taiko. She culminated her academic studies with her thesis, Development of Canadian Kumi-Daiko - ensemble taiko drumming and article, “Asian Women Kick Ass Through Japanese Drumming”.Kobayashi then spent many years in Japan studying with masters of taiko, shigin (Japanese poetry chanting), and shamisen (percussive lute). Kobayashi returned to Vancouver and co-founded Onibana Taiko, performing and composing. She performs shamisen with her stage name of NoriNori and enthusiastically blends traditional Japanese music with rock music to promote new sounds of rock shamisen.  Recent highlights include co-composer and performer in the music commission of  Paueru Mashup and a CCA “Explore and Create” project between Onibana Taiko and  Montreal’s Rwandan drummers, Komezinganzo Troupe. Kobayashi also ventured into video documentaries, researching and producing “Canadian Taiko Temperature Check During Covid-19”. 

 

 

小林紀子(NoriNori)は、私たちが集い繁栄しているこの土地はマスクィウム族、スノホミッシュ族、セルワテュス族、クワントレン族、カッジー族、セマイアムー族などのコースト・セイリッシュの人々が祖先から受け継いだ領土であり、譲渡された土地ではないことを認めます。

 

小林紀子はケベック州のモントリオールで生まれ育ち、Trebas Institute of Recording Artsで学び、ジェミニ賞を受賞した作曲家ニール・スモラルにベース・ギターを師事した。その後、彼女はロンドンに渡り、5年間様々なパンクロック・バンドに参加。 さらに、サンフランシスコに渡り、ライオット・ガール・パンクロック・バンド Tribe 8を共同設立し(ベーシスト、作曲家として)、クイアコア・ジャンルの先駆者となる。小林はTribe 8を運営にも携わり、カナダ北西部、アメリカ、イギリスでのツアーをコーディネートした。その後、カナダのバンクーバーに移り住み、ブリティッシュコロンビア大学(UBC)で音楽と心理学の学士号、民族音楽学の修士号を取得した。また、バンクーバーで和太鼓に出会い、さわぎ太鼓に参加し、学術論文として「Development of Canadian Kumi-Daiko (カナダにおける組太鼓の発展)」および「Asian Women Kick Ass through Japanese Drumming(和太鼓におけるアジア系女性の活躍)」を発表した。その後、日本に渡って和太鼓、詩吟、三味線の師匠に師事し、長年にわたり研鑽を積んだ。さらに、バンクーバーに戻り、鬼花太鼓を共同設立し、演奏と作曲を行う。三味線は「紀々(ノリノリ)」の芸名で演奏し、日本の伝統音楽とロックを融合したロック三味線の新しいサウンドを創り出すことに意欲的である。 最近の主な活動としては、Paueru Mashupのための曲の委託作成やモントリオール在住のルワンダ人ドラマーであるKomezinganzo Troupeと鬼花太鼓によるプロジェクト「CCA Explore and Create」における共同作曲・演奏がある。また、ビデオドキュメンタリーとして「Canadian Taiko Temperature Check During Covid-19(コロナ禍におけるカナダ中の太鼓グループの体温チェック」を制作した。